マレーシアが起業・移住・投資・ロングステイの対象として人気がある理由

・10年間滞在可能なマレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)プログラムというビザ(査証)がある。
・会社設立手続きが容易で起業しやすい。
・法人の株主になることが出来るので、株主として会社を保有することが可能。
・オフィスの賃貸料や人件費が日本の3分の1以下。
・日本文化への関心が高く、新日国家。
・治安が良く、住んでみたい国、暮らしてみたい国の常に上位。
・LLC(格安航空会社)の存在、英語が広く普及。
・クアラルンプール、ペナン、ジョホールバル、キャメロン・ハイランド、コタキナバル、ランカウイなどの人気都市の存在。

マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)について

・通常のリタイアメントプログラムは、50歳以上などある程度の年齢でないと取得できない国が多いのですが、マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)プログラムは、成人していれば申請できます。
・10年間マレーシアに住む権利が与えられますが、住む義務はありません。希望すれば延長も可能です。
・預託金は現地の銀行に預け定期を組めば利息も付きます。取得後1年経過すれば不動産の取得費用として一定額を使うことも可能です。

マレーシア長期滞在ビザ(MM2H)の条件

50歳以上の場合(以下の項目をすべて満たす必要がある)
・最低50万リンギット(約1390万円)以上の財産証明(預金や有価証券)
・月額1万リンギット(約28万円)以上の収入証明(年金収入でも可)
・30万リンギット(約835万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する

50歳未満の場合(以下の項目をすべて満たす必要がある)
・最低35万リンギット(約975万円)以上の財産証明(預金や有価証券)
・月額1万リンギット(約28万円)以上の収入証明
・15万リンギット(約417万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する
────────────────────────────────
※出所:マレーシア政府観光局

マレーシアでは、年齢に関係なく長期滞在ビザを申請することができますが、少なくとも1,000万円以上の資産と、母国での安定収入が月額27万円以上あることが
条件です。

 

お問い合わせ